株式会社ランドクラフト|土質採取・土質サンプリング・地下水測定・液状化判定・簡易液状化調査・簡易土質試験

液状化調査に対応した簡易で新しい地盤調査技術

株式会社ランドクラフト|土質採取・土質サンプリング・地下水測定・液状化判定・簡易液状化調査・簡易土質試験
文字サイズ 文字サイズ:小 文字サイズ:大
03-5700-4600
地盤調査技術研究協会
トップページ > 地盤調査技術研究協会

地盤調査技術研究協会

建設技術審査証明 当技術が 建設技術審査証明 を取得しました
(一般財団法人ベターリビング BL審査証明-018)

これは「技術分野毎に権威のある学識経験者で構成した技術審査委員会を設け、信頼性の高い審査を実施」(ベターリビングHPより)されて性能が証明されるもので、SWSサンプラーとして国内唯一です。
「ボーリングを行うよりも容易に地盤の液状化判定や土質の確認ができる」ことが開発の趣旨として明記されました。
03-5700-4600 地盤調査技術研究協会メールでのお問合せ 地盤調査技術研究協会 地盤調査技術研究協会の目的 地盤調査技術研究協会の事業 地盤調査技術研究協会の技術
今までのSWSサンプラーは…
SWS試験終了後の残孔から
一か所の深度だけの土を採っていました。

ソイルキャッチャーαでしたら
たとえば10mのSWS試験終了後の残孔から
1m間隔で10深度を同時に採れます。

今までのSWS用サンプラーで複数深度から土を採取するには…
SWS残孔に何度もサンプラーを出し入れする必要がありました。

その結果…
SWS残孔の内部をかき乱してしまっていました。

ソイルキャッチャーαでしたら
複数のソイルキャッチャーを連続して一度に挿入できるので
SWS残孔の内部のかき乱しを最小限にとどめることができます。

その結果
採取精度良好・作業性良好・経済性良好・所要時間短縮が実現。

ソイルキャッチャーαは
遂に現場での日常業務として使うことのできる
SWS用サンプラーとして完成しました。

もう、SWS試験では土質がわからない… とは言えない時代です。

貴社のSWS試験の高次元化は
ソイルキャッチャーα の導入からはじまります。



機材単価

商 品
単 価
備 考
ソイルキャッチャーα
27,000
1~4個を購入の場合
ソイルキャッチャーαセット
23,000
一度に5個以上購入の場合
先端矢じり治具
7,500
使用を必須(挿入性能の向上)
70センチロッド
3,000
1.0m間隔接続に使用
20センチロッド
2,500
0.5m間隔接続に使用
地下水チェイサー(4m)
80,000
各部補修部品の対応可能
チェイサー延長パイプ(1m)
8,000
5m深度までの測定用
調査孔ガイドボード
6,000
使用を必須(簡易ケーシング用途として)
ジオカルテ装着治具セット
15,000
ジオカルテユーザーに推奨(作業性の向上)
地盤調査技術研究協会
名称
地盤調査技術研究協会
事務局
〒146-0082 東京都大田区池上6-6-6 TC第54池上ビル1階
(ランドクラフト内)
技術本部
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-3-12 (設計室ソイル内)
事業目的
この組織は、小規模建築物等における地盤調査技術の開発及び啓蒙普及活動並びに地盤調査実務者の 技術力向上に資する活動を通し、防災・減災の促進を図り、もって公共の福祉に寄与することを目的とする。
運営者
徳山 義孝 - (株)ランドクラフト代表取締役
理事
高田  徹 - (株)設計室ソイル代表取締役社長 工学博士
新松 正博 - (株)アースリレーションズ代表取締役
湯川 宝裕 - (株)エイチアール・シー代表取締役
お問合せ 一般社団法人 地盤調査技術研究協会